国際SCIの組織

SCIは、国際委員会(ICM)に投票権を有する支部、グループから成り、また、世界中に広がるパートナー団体によって構成されています。SCIには特定の活動分野、またはテーマを扱う公式なワーキンググループがあります。メンバー(支部)とパートナーとワーキンググループの間のコーディネーションは、国際SCIの担当機関を通して調整されます。このコーディネーションは、以下の機関により構成されています:
  • 国際委員会 (International Committee Meeting = ICM) : ICMはSCIの主要な意思決定機関です。それはすべてのSCI各支部の代表が参加して行われる年次総会で、ICMでは、団体の統括的運動・活動方針が決定されます。
  • 国際執行委員会(International Executive Committee = IEC): 国際委員会での決定に従って、実際のコーディネーションを行う機関です。
  • 国際事務局(International Secretariat = IS): 国際SCIのコーディネーションに対して、その実際の活動を支援・補佐します。
国際組織、及びSCIの種々の機関の権利と責任は、公式なSCI(規約)の条文において明記されています。

 

国際事務局:

 ベルギー

各国支部・グループ:

ヨーロッパ/東ヨーロッパ
アルバニア、アイルランド、ウクライナ、オーストリア、イタリア、スロベニア、
ベラルーシ、ヨルダン、スイス、 ベルギー(2)、コソボ、ブルガリア、モルドバ、
クロアチア、オランダ、フィンランド、ノルウエー、フランス(2)、ポーランド、
イギリス、ルーマニア、ドイツ、セルビア、ギリシャ、スペイン(2)、ハンガリー、
スウェーデン
アジア/オセアニア
オーストラリア、バングラデシュ、香港(中国)、インドネシア、日本、モーリシャス、
マレーシア、ネパール、パキスタン、韓国、スリランカ
南北アメリカ
アメリカ、メキシコ、ブラジル
アフリカ
ナイジェリア、